まんどぅーかネット掲示板


検索語 :
検索語[] ヒット数253

[235] 曲用表の質問です。 投稿者=essentia 掲示日=2011/08/26(金) 21:10:36 コメントする

はじめまして。
今年からサンスクリット語を始め、貴サイトには大変お世話になっております。

サイトを覗かせて頂いていて気になったことがあるのですが、
http://www.manduuka.net/sanskrit/p/pdisp.cgi?tb=nt&bm=at
このat語幹の曲用表で、男性と中性の両数で属格がtudatosで処格がtudattosになっているのですが、これはこれで良いのでしょうか?
なにぶんまだ初学者で自信が無いのですが、両数の場合この2つは一緒になるケースが多いのかと思い、質問させて頂きました。

よろしくお願い致します。

[234] PTSパーリ語辞典 投稿者=真理子 掲示日=2011/08/07(日) 14:02:49 コメントする

 たまには主人のサイト(こちらのことです)のお手伝いもしなきゃね。

 最近私のサイトのほうでは、いろいろな辞典を全ページ画像であげて、簡単な検索機能をつけたものを作ってます。こちらのサイトのモニエル
http://www.manduuka.net/sanskrit/dicnavi/mw.cgi
のような感じです。
 これのPTSパーリ語辞典版を作りました。

http://www.manduuka.net/pali/ptsdic/ptsdic.cgi

 Internet Archiveというところで全ページPDFであがっていたものをもらってきて、JPEGに直してこちらのサイトにアップし、簡単な検索機能をつけたものです。
 まだヘルプファイルが書きかけですが、とりあえず公開します。

 なお、これにともないまして、パーリ語ページの語彙集
http://www.manduuka.net/pali/w/p_allut8.cgi
のほうにも、PTS辞典へのリンク機能をつけました。

 ちなみに私のサイトでいろいろ作っている電子画像辞書ですが、
http://www.babelbible.net/mariko/mariko.cgi
の右側のほうにいろいろリンクがあがっていますので使ってみてください。
 PTS辞典はパーリ語-英語辞典なので、私のサイトの英和辞典(斎藤秀三郎『熟語本位英和中辞典』)にもリンクを貼っています。

[233] Re:Facebookのアカウントを削除しました 投稿者=真理子 掲示日=2011/07/11(月) 17:15:15 コメントする

あ、Facebook、主人のアカウント削除したら、私のほうまでホームページに入れなくなった。
なぜって、Facebook上では、主人は私の唯一の友人、私は主人の唯一の友人だった。主人が退会したら私までとばっちりを受けるわけね。ええい、面倒よ。私もFacebookやめちゃうわ。

[232] Facebookのアカウントを削除しました 投稿者=真理子 掲示日=2011/07/11(月) 14:39:08 コメントする

主人(まんどぅーか)のFacebookアカウントを削除しました。Facebookなんて何の役にも立ちませんし、キーボードも打てないのにいろんなところから友達申請ばかり来るのを断るのが苦痛で仕方ないからです。

[231] Re:リーディングにおけるリンクについて 投稿者=真理子 掲示日=2011/05/15(日) 16:41:28 コメントする

ご指摘ありがとうございます。とりあえず直しておきました。とりいそぎ用件のみにて失礼。

[230] リーディングにおけるリンクについて 投稿者=学生T 掲示日=2011/05/15(日) 14:16:08 コメントする

迅速な文典の修正ありがとうございました。
活用させていただきます。

また、申しわけないのですが、
リーディングにおける。パンチャタントラ5-9の訳文が右側に設置されている
G-3 荻-3『訳のみ』からジャンプできなくなっています。(404画面が表示される。)
主要収録テキストの右の『訳のみ』でパンチャタントラの訳文一覧へのりんくを経由してから「5-9 空想にふけるバラモン(G-3 荻-2)」を選択による該当箇所へのジャンプであれば可能でした。
時間が有るときにでも修正していただければ幸いです。

[229] Twitterガジェット 投稿者=真理子 掲示日=2011/05/09(月) 21:35:53 コメントする

 各言語のトップページの下のほうに、Twitterガジェットを設置してみました。PCのみです。
 ほら、最近、いろいろなサイトで、Twitterのつぶやきがどんどんスクロールしていくのがあるでしょ? Googleで検索しても、そのキーワードのTwitterが表示されるほどですから。
 そこで、サンスクリットページでは「サンスクリット OR 梵語」、ウルドゥー/ヒンディー語ページでは「ウルドゥ OR ヒンディ」(末尾にーをつけない人が多いので)、パーリ語ページでは「パーリ語」(語をつけておかないとぜんぜん関係ないのがヒットするので)で検索したものを設置してみました。
 どんどんスクロールしていくのは楽しいですけど、ちょっとうるさいかしら。

 ちなみに私のTwitterアカウントは @marikobabel です。主人つまりまんどぅーか氏の秘密もけっこうつぶやいてますのでおひまでしたらごらんください。

[228] 教えてください 投稿者=中島大志郎 掲示日=2011/04/25(月) 17:59:15 コメントする

AtmanIyayoHの同定方法を教えてください。よろしくお願いします。

[227] Re:WEBホイットニー文典について 投稿者=真理子 掲示日=2011/04/18(月) 01:24:33 コメントする

どうも。まんどぅーかネット技術担当の真理子です(笑)。
ちょいとCGIをミスしてました。もう直りましたのでご確認くださいませ。

今年になってからスマホIS03を買ったんですけど、Androidで私たち夫婦のサイトを見ると、ちょっと不都合なことが起こっていたのに気づいたんです。
今まで、ページを拡大するときは「拡大」というリンクだけじゃなくて、ページ画像そのものもリンクにしてまして、ページ画像をクリックすると拡大画面が出てくるようにしてました。
ところがAndroidって、たぶんiPhoneも同じなんでしょうけど、指をふれただけでクリックしたことになっちゃうんで、たとえばスクロールさせようと思って指をふれた瞬間にクリックになっちゃってとても面倒になってました。
それを直したときに、ついうっかりミスしてましたね。

スマホって使いにくいわ。画面のスクロールは画面を指でなぞる方式だし、拡大はピンチっていう、2本の指で触れて広げるという動作でやります。
ところがリンクの多いページでは、これらをやるとリンクに指がふれてしまい、そこをクリックしたとみなしてそのページに移動しちゃう。
これってとても不便です。
Appleってろくなものを作らないわね。熱烈なアンチAppleの私はこれを機会にAppleを呪いますわ。
たぶんみんな、この不便さに気づき始めてるんじゃないかしら。今後は改良されるかもしれませんね。スマホを買おうと思ってらっしゃる方は、いまはまだ待ったほうがいいかもしれませんわよ。

[226] WEBホイットニー文典について 投稿者=学生T 掲示日=2011/04/18(月) 01:05:33 コメントする

いつも有意義にサイトを活用させていだたいてます。
本サイトのWEBホイットニー文典なのですが、左右に分かれているページの
右側のページの上部下部にあるページ移動の項目なのですが、次のページへ
を押しても同じページが表示されてしまうようになっています。
右上のページ指定でしかページ移動ができない状況です。
もしかしたら自分の環境においてのみ発生している事象なのかもしれませんが、
一度よければ確認してみてください。

[225] Re:デーバナーガリーパッドの不具合? 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/26(土) 17:25:39 コメントする

 ご指摘ありがとうございます。aiをऐに、auをऔに変換するのをまっさきにしてなかったバグです。もう大丈夫だと思います。
 もう一度リンクやお気に入りをクリックしただけでは、キャッシュがきいていて、バグいりのものを再度表示してしまうかもしれませんので、再読み込みボタンあるいはF.5を押してください。

[224] デーバナーガリーパッドの不具合? 投稿者=maxwel 掲示日=2011/02/26(土) 16:21:39 コメントする

デーバナーガリーパッドでローマ字からデーバナーガリーに変換でaiとauを含む文字がうまく変換されません。
例えば kai->ka+i, kau->ka+u に変換されてしまいます。私の所だけでしょうか。

[223] サンスクリット語・その形と心 投稿者=真理子 掲示日=2011/02/20(日) 15:10:51 コメントする

 このサイトのUnicode化計画、しばらく頓挫してましたけど、少しずつやらなきゃ。
 「日本語で書かれたサンスクリットの参考書」のページをUnicode化して、ついでに、上村勝彦 風間喜代三の『サンスクリット語・その形と心』をいれときました。
http://www.manduuka.net/sanskrit/book/jpnbun.htm#katachi

 このページ、直言をするとけっこう関係者からクレームをもらうことがあったので、主人はすっかりおどおどしておりまして、上村先生の不滅の入門書が出たというのに、長らく書評を書かずにいましたわね。この間、入退院をくりかえしていたという事情もあるのですけど。
 ですから私がかわりに書いておきました。
 私は主人以上に歯に絹を着せないきつい性格なので、思ったことはズバズバ書いちゃいます。
 申しわけないけど、この本では初心者は勉強しないほうがいいです。ひととおり別の本で勉強した人が楽しく読むエッセーとしてはいい本だと思いますけど。
 私がラテン語やギリシア語のほうにしたしみのあるせいでそう思うのかもしれないけど、上村先生の入門書っていうより、風間先生のエッセーです、これ。

[222] 実習梵語岳 演習(8) 第二問回答修正の修正 投稿者=べべべ 掲示日=2011/02/12(土) 16:49:26 コメントする

書き込みのあとに見直したところ明らかなわたしの誤りにきがついたので修正させていただきます。
tyajataが「命令形・二人称・単数」と書き込みましたが、これはただしくは「命令形・二人称・複数」だと思われます。
失礼いたしました。

[221] こんにちは、はじめまして、実習梵語岳 演習(8) 第二問回答修正 投稿者=べべべ 掲示日=2011/02/11(金) 19:14:20 コメントする

tyajataは命令形、二人称、単数、とおもわれます
また、mana にもいろいろと意味はありますが、ここは「嫉妬」と訳すのが適当かと思われます
alam 充分な→過分な

ここで一度一つ目の文がきれます。→過分な嫉妬を捨てよ

vigrahah 男性・複数・具格、争いによって
na ない
punar もういちど
iti 来る
gata 主格、中性、単数 すぎさった
catura 主格、中性、単数 よい
vayah  主格 中性、単数 若さ
→争いによってすぎさったよい若さは二度とやって来ない。

あわせると
過分な嫉妬をすてよ、争いによってすぎさった良い若さはにどとやってこない。

となるとおもいます。

[220] まんどうーか友の会に登録 投稿者=金子次郎 掲示日=2011/01/28(金) 20:33:04 コメントする

受理されるかどうかはわかりませんが、学生時代から、いずれサンスクリットを勉強するようになるであろうと、思っていました。66歳になろうとしている時に、サンスクリットを勉強する気になりました。経典をサンスクリットで読んでみたいと思っています。どうか全く右も左も解らないのでよろしくお導きくださいますようお願い申し上げます。

[219] WEB言海など 投稿者=真理子 掲示日=2011/01/08(土) 21:36:59 コメントする

 ついでながらちゃっかり私のサイトの宣伝もしちゃいますわ。
 大槻文彦の国語辞典『言海』のWEB版を私のサイトで用意しております。
http://www.babelbible.net/genkai/genkai.cgi
 「モニエルWEB梵英辞典」とすごく似てますね。そう、同じひながたCGIから作ったものですから。
 それから「バチェラーWEB蝦和英辞典」なんていうのもあります。
http://www.babelbible.net/batdic/batdic.cgi?mode=noframe
 それから「WEBヘボン聖書辞典」なんていうのも作りました。
http://www.babelbible.net/hepburn/hepburn.cgi

 こんなふうに、辞書をまるごとスキャンして画像をアップして、インデックスを入力しさえすれば、すぐにこの程度の辞書サイトが作れちゃうようにしてあるんです。その画像は自前で用意してもよし、モニエルWEB梵英辞典みたいに他のサイトのものでもよし。
 だけど辞書まるごとのスキャンってけっこう手間がかかるんですよね。一番の問題は、きれいにスキャンするためには、いま流行の「自炊」、つまり製本を解体しなきゃいけないってことです。
 でもそれさえなんとかすれば手軽にこういうのができちゃうんで、いろいろ辞書サイトを作ってみたいと思います。はい、私は辞書ヲタでもあります。

[218] 語彙集とモニエルのリンク 投稿者=真理子 掲示日=2011/01/08(土) 21:24:09 コメントする

 サンスクリット語彙集にちょこっと手をくわえて、モニエルをひく機能をつけてみました。
http://www.manduuka.net/sanskrit/w/dic.cgi

 ところでモニエル、せっかく作ってはみたものの(なんて、プログラムのひながたはもうできていましたので、実際にはインデックスを入力しただけですけど)、あんまり使い勝手がよくないですね。
 モニエルって、必ずしも文字順にのってるとはかぎりません。たとえばprati-√gamっていうのはちゃんとpratigamのところにある(p.665)んですけど、prati-gātramっていうのはpratiのところにある(p.662)なんていうヘンな事態がいろいろあります。なぜかというと後者は動詞前綴りじゃなく複合語だから。そんなわけで目的の語がなかなか見つからなかったりします。
 まあこれは、原著自体がそうなわけですし、うちの「モニエルWEB梵英辞典」と同工異曲のCD-ROM
http://www.manduuka.net/sanskrit/book/jisho.htm#mwse
でも同じ現象が起こるので仕方ないことです。が、原著とかCD-ROMだとページをサクサク移動できるので、間違えたらページを繰ればいいんですけど、うちの「モニエルWEB梵英辞典」はページの表示がとても重たいので(うちのせいじゃなくこの画像を掲載しているサイトの問題)、なかなかページを移動する気になりません。こういう点をどう解決するか悩んでおります。

[217] モニエルWEB梵英辞典 投稿者=真理子 掲示日=2011/01/07(金) 02:18:08 コメントする

 また新しいコンテンツです。
http://www.manduuka.net/sanskrit/dicnavi/mw.cgi
 いわゆるモニエル、Monier-Williams : A Sanskrit-English Dictionaryの画像をWEBでひけるというものです。
 これは、当サイトのデータではなく
http://www.ibiblio.org/sripedia/ebooks/mw/
で公開されているモニエルの画像にリンクしています。このサイトには検索機能がまったくないので、各ページの頭の語だけ入力した簡単なインデックスを当サイトで作成し、入力したキーワードと単純比較して、「そういう語ならたぶんこのページにあるよ」という形で表示するというものです。
 ですから存在しない語を入力してもそれらしいページを表示しちゃいます。そんなの使えないって思います? 実はこれは、あなたがふだん、紙媒体の辞典をひくときやってることじゃありませんか?
 モニエルはすでにテキストデータが出回ってますけど、画像でひくメリットもそれなりにあるかと思いますので、こういうコンテンツを作ってみました。

 実は、こんなふうに、著作権の切れた昔の辞典や参考書がネット上に画像だけの形で公開されているものって、けっこうあるんです。ですからこちらで各ページの頭の語のインデックスだけ作成して、特殊文字の場合は入力や文字列比較のルーチンを作れば、そういうサイトの画像を利用した閲覧コンテンツが簡単に作れそうなんで、汎用性を考慮したCGIにしております。その第一弾がこのモニエルWEB梵英辞典というわけです。

 ただしモニエルWEB梵英辞典は、まだヘルプファイルも書きかけですし、点検しないと細部にバグがありそうなんで、そこらへんは今後手をくわえるとして、とりあえず暫定的に公開します。

[216] e康熙字典、岩波仏教辞典CD-ROM 投稿者=真理子 掲示日=2011/01/07(金) 00:24:15 コメントする

 えっと、これは「まんどぅーかネット」の話ではなく、主人が運営しているもう一つのサイト「青蛙亭漢語塾」の話なんですが、青蛙亭漢語塾には掲示板がないので、ここに書きますね。
 どうしようかしら。この掲示板を正式に「まんどぅーかネット・青蛙亭漢語塾 共用掲示板」ってことにしちゃおうかしら。

 三省堂から「e康熙字典」(e康煕字典かしら? 熙と煕の違い)というCD-ROMが出てます。
http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/ep/cd_other_kouki.html
 そしてこの製品に関して主人が書いたレビューが「青蛙亭漢語塾」に載ってます。
http://www.seiwatei.net/info/ekxd.htm
 このレビューの中で、「Windows XP/VistaはOKか」という項目があって「たぶんVistaでも動作するだろう(青蛙亭主人はまだVistaを使っていないのである)。」なんて書いてますけど、実はVistaとWindows7ではこのCD-ROMがまったくインストールができないことが判明しました。インストールしようとすると、You can't install this software without administrator privileges! というエラーが出てそれっきりです。うちじゃ一台のパソコンに複数のユーザーを設定するというようなまどろっこしい使い方なんかしてません。常に管理者権限でログオンしています。それでもこのエラーが出て回避できません。
 このCD-ROMは、インストールされたイメージをコピーするだけでは動作せず、ちゃんとインストール処理をしなきゃ動作しないので、VistaやWindows7ではダメということです。
 XPでインストールしたあとWindowsをVistaや7にアップグレードしたら? さあね、「WindowsとIEのアップグレードは絶対すべからず」がわが家の家訓ですから、試したくもありませんわ。
 で、製品パッケージに書かれた対応OSは「98/Me/NT4.0/2000」とあり、上記三省堂のサイトにはさらにXPが追加されて書いてあります。が、Vistaや7でどうなのかはちっとも書いてありませんね。こういうことは三省堂さんがちゃんと調べて書くべきじゃないかしら?
 ずいぶん昔に発売されたCD-ROMですし、三省堂としては上記サイトにあるとおり「完売した」のかもしれませんけど、どうかすると中国書籍専門店ではいまだに売られてたりします。XPのサポート期限は2014年4月8日ということですから、このCD-ROMの寿命はあと3年で尽きるわけですね。こういうことをちゃんと書いておかないと、間違って買う人がいないとも限らないわ。
 いま「ずいぶん昔」と書きましたが、2001年。今から10年前です。でもこれって「たかが10年前」とも言えます。10年前に発売されたCD-ROMが、あと3年でまるきり使えなくなってしまうわけです。こんなことは紙媒体の書籍ではありえないわけですから、これって大問題じゃないかしら?

 ついでに、もっとひどい話を書いておきましょうか。
 岩波書店から出ている「岩波仏教辞典第二版CD-ROM」です(これならまんどぅーかネットの方々にも関係あるかしら)けど、発売が2004年4月20日。上記e康熙字典より後なのよ。いまだに現役で売られてるみたいです。でもこれって、
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/degi/support/qanda.html
によれば、VistaのSP1以降じゃ使えないらしいです。
 それに、たとえXPでもSP2以降だと
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/degi/support/bukkyo.html#java
にあるような現象が起こり、実質的に使えません。わが家のXPじゃ、ここのページに書いてあることを両方実行してもダメですもの(Javascriptのエラーが起こって検索がまるきりできない)。つまりはこのCD-ROMは現在まるきり使えないってわけです。こんなものをいまだに売ってる岩波はちょっとひどいと思います。さあ、アンチ岩波の皆様、チャンスですよ。思い切り岩波書店をたたいてやってくださいな。
 7年前のCD-ROMがもう腐って使えないなんて、紙媒体の書籍じゃこんなことないわけですから、まだまだCD-ROMってダメね。電子書籍の前途は暗いわ。